説明会に参加エントリー
安東 貞義の写真

安東 貞義

やってみる、続けてみる、変えてみる。やがて自分のものになる。仕事は小さい守破離の積み重ね。

business

安東 貞義Sadayoshi Ando

事業部 / CX事業本部 LINE事業部

職種 / 部長・プロダクトマネージャー

iOSアプリを作るのが好きで自作でスケジュール管理アプリや子供向けの知育アプリを作っていました。アプリ開発時にクラスメソッドを知り、iOSアプリエンジニアとして応募して、現在はマネージャーをやっています。趣味は料理で、得意料理はラーメンです。よく骨と粉からラーメンを作り出しています。

現在の業務心理的安全性が高く、チャレンジ出来る環境を作るのが仕事

主な業務はLINE事業のマネージャーです。LIFFアプリやLINEミニアプリの開発を通してお客様に価値を与えるために、心理的安全性が高く、チャレンジ出来る環境作りや事業方針の策定などを行っています。また、マネージャーの役割だけでなく、プロダクトマネージャーを担当したり時には実装を担当したりと、幅広く業務に携わっています。

入社のきっかけSEのスキルを軸にして幅広くチャレンジできる環境を求めて

iOS7の頃からアプリ開発時にDevelopersIOにお世話になることが多く、ブログに出てくる技術力の高いエンジニアと働きたいと考えていました。元々大手SIerでSEをやっていたので、SEのスキルを軸にしてiOSの技術を活かした仕事がしたいと考えるようになり、幅広くチャレンジさせてくれそうなクラスメソッドに応募しました。ちなみに当時はラーメン屋開業とクラスメソッドを天秤にかけて本気で悩んでましたね。若かったなと思います。

入社後の印象スキルの広さも深さも受け入れる文化

本当に経験できる幅が広くて何でもやれるなと実感しています。iOSエンジニアで応募して、プロジェクトリーダー、組織作り、新規事業のマネージャー、自社プロダクト開発などの役割に、自分の軸を活かしながらたくさんのことにチャレンジできる素晴らしい文化の会社だと感じています。一方で、特定分野に対して深さを追求しているメンバーも共存しており、会社の懐の広さが多様性に繋がっていると思います。

私の感じるクラスメソッドで働くメリット切磋琢磨から得られる圧倒的成長

幅広く経験できることもそうですが、貪欲な学習意欲を持つメンバーと一緒に働くことで、自分も当たり前のように学習してしまう環境は非常に大きなメリットだと思います。また技術力の高いエンジニアや、経験豊富なプロダクトマネージャーと一緒に働くことで、レベルの高い知識やスキルを吸収できるのも魅力です。

応募者へのメッセージ多種多様な経験から自分の体験構築スタイル・開発スタイルを生み出せる

チャレンジしたい、成長したい方には最高の環境だと思います。エンジニアはもちろんのこと、SE、PM、プロダクトマネージャーも多様なチャレンジが可能です。受託開発はマイナスイメージを持つ方も多いと思いますが、弊社は体験面でも技術面でも積極的に提案していくスタイルを取っていますので、いい意味でイメージと違ったと言われることが多いです。誰でも名前を聞いたことのあるお客様に、体験レベルから会話してシステムに落とし込んでいく経験が何度もできます。多種多様な経験から自分の体験構築スタイル・開発スタイルを生み出すことができると思います。

エントリー

人と技術を愛する仲間求む。

世の中の大きな変化やスピード感にワクワクしてしまう。私たちはそんな仲間を探しています。
検討中の方もまずは説明会で
実際に社員とお話してみませんか?

ページトップへ戻る