説明会に参加エントリー

IoTバックエンドエンジニア

募集要項

募集部署 CX事業本部
職務内容

主にAWS IoTを活用したIoTシステムのバックエンド開発全般を担当していただきます。Python / Node.jsを利用して開発することが多く、AWSの各サービス(AWS IoT / AWS Lambda / Amazon DynamoDB / Amazon Kinesisなど)をフル活用した、クラウドネイティブな開発を行っています。サーバーレスアーキテクチャも積極的に提案・導入しています。

IoTバックエンドエンジニアは、IoTサービスシステムのプロダクト開発、チーム開発、クラウドコンピューティングに対する知識とリーダーシップを発揮し、デバイスを含めた新しい体験をもたらすサービスとして構築・リリースします。お客様 / 自社の課題を理解し、協力してIoTビジネスの仮説検証を行い、サービスを解決・改善することが求められます。また、習得した技術を積極的に Developers.IO ないし 技術イベントでアウトプットすることも職務のひとつです。

開発環境は MacBook Pro、IDEは希望すれば IntelliJ IDEA、リポジトリは GitHub、CIは CircleCI を利用することが多いです。このあたりの技術選定は案件特性に応じてプロジェクトメンバーが行います。

必須の経験 / 能力
  • 何らかのシステム開発経験
  • チャレンジ精神が旺盛であること
  • アウトプットが多く、早いこと(技術記事共有サービスや個人ブログで記事執筆されている方、大歓迎!)
歓迎するスキル
  • AWSの各サービスに関する知識(AWS認定試験を合格されている方、大歓迎!)
  • Python / Node.js などのプログラミング言語を使用した開発経験
  • MQTTに関する知識
  • 情報セキュリティの基礎知識
  • サーバーレスアーキテクチャによるシステム開発の経験
  • AWS IoT、LINE Things、SORACOM 等の各種IoTサービスに関する知識や利用経験
  • KVS、RDBなどの各種データベースの利用経験
  • 業務システムの開発経験やシステムエンジニアリングの経験
  • スクラムなどアジャイルな開発の経験
  • お客様からのヒヤリングや仕様調整の経験
  • プリセールスの経験
求める人物像
  • 技術が好きな方
  • サービス開発の全行程に興味がある方
  • チームで取り組むことを意識できる方
  • 自分で仕事が進められる方
想定年収

 アソシエイト 450~600万円
スペシャリスト 550~900万円

※年収はあくまでも想定であり、経験・スキル等を考慮して決定いたします

福利厚生

クラスメソッドの福利厚生

応募フォーム

  • ご入力内容にお間違えのないようご注意ください。
  • 3営業日以内に担当者よりご連絡がない場合は、お手数ですがこちらのメールアドレス(jinji@classmethod.jp) まで直接ご連絡ください。
  • ご利用されているブラウザが Internet Explorer 11 以下、もしくはブラウザの JavaScript をオフにしている場合はフォームが正常に動作しません。
    お手数ですがこちらのメールアドレス(jinji@classmethod.jp) まで直接ご連絡ください

  • ポジションによってはパート/アルバイト・業務委託を募集していない職種があります

個人情報の取り扱いの内容に同意いただけましたら、送信ください。